宝塚歌劇観劇

癒しの

宝塚歌劇観劇💓

星組公演

『柳生忍法帖』

『モアー・ダンディズム!』

「柳生忍法帖」は

星組に詳しくない私には

難しかった(T . T)

登場人物が多い上に

話の展開も早くて。

ちゃんと予習していけばよかったなー。

幕間のランチは「くすのき」

緊急事態宣言が明けたので

やっと予約できました。

安定のおいしさ❤️

星組公演なので

あちこちに⭐️星が散りばめられています🌟

幕間後の

ショーの

「モアーダンディズム」は

1995年真矢みきちゃん

初演の「ダンディズム」に

思い出が。

シンガポールで今で言う

ワンオペ育児の時、

近所で

仲良くしてくださる

真矢みきちゃんファンのお友達と

「ダンディズム」を観ながら

子供を遊ばせたこと

懐かしく思い出した❤️❤️

それとウォーキングのプロの目から感じたことをシェアいたします。

ご存知の方は多いと思いますが

宝塚歌劇のショーの最後は

大階段から団員全員が

下級生から順番にそして

一番最後にトップの方が大きな羽を

背負って降りてきます。

そこでよく観察すると

下級生は

歩いている時頭が上下に動きます。

でも上級生になるに連れて

最後トップの男役さん娘役さんは

頭が微動だにしないのです。

トップさんは

見た目が美しいのはもちろんですが

所作、ウォーキング、ダンス、お歌

全てにおいて

人にはわからない

血の滲むようなレッスン、訓練をして

選ばれし人が選ばれるのだと

感動いたしました。

その選ばれしことなこトップコンビに

癒された時間でした。

関連記事

  1. 9/23ミセスオブザイヤー大阪大会の1日②

  2. ミセスオブザイヤー大阪大会

  3. カルチャーレッスン終了

  4. 椿塾講座満員御礼

  5. 初めまして 

  6. 9/23ミセスオブザイヤー大阪大会の一日①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。